firm one

テレビ柄の生地とテレビにまつわるあれこれ。

数年前まで好調だった国内メーカーのテレビ販売は
あっというまに下り坂になり、
かの有名なシャープの経営難のニュースも頻繁に耳にするようになりました。
日本国内では地デジへの移行時期に特需でしたが、
それ以降のテレビ販売は下り坂。
一時期騒がれた3Dテレビも人気が出ませんでした。
さらに、LGやサムソンなど海外勢が北米市場でシェアを伸ばし、
日本製のテレビは売れなくなっています。
そんな中、最近、各社から4Kテレビが次々に発表されています。
4Kテレビとは、ものすごく簡単に言えば、
びっくりするほど解像度が高いテレビのことです。
今主流のフルHDテレビよりもキレイって、どんな感じなんでしょうね。
まだ4Kテレビに対応するコンテンツ自体がほとんどなく、値段も高いので、
みんなが今すぐに飛びついて買うものではなさそうです。
家電好きな私としては、
国内メーカーがまた盛り返して欲しいと願っているのですが。
テレビ柄の生地
さてさて、テレビと言えば、
子供の頃からお世話になっている家電ナンバー1です。
大人になってからは時間の関係で昔ほどは見なくなりましたが
それでも、家で過ごす時はテレビをつけることは多いです。
映画を見たり、ニュースを見たり。
子供の頃は居間に1台テレビがあるのみでしたので、兄弟でチャンネル争いをしたものです。
(↑私、こういう世代です。笑)
さすがにカラーの時代でしたが、幼稚園の頃はチャンネルもダイヤル式だったのを覚えています。
祖父母の家のテレビはさらに古く、台が付いていました。
足ではなく、飾り棚のような台だったと思います。
下の写真の生地のような足付きテレビはそれよりもっと昔のものですね。
Riley Blake Geekly Chic TV Hot Pink C513-02
Riley Blake Geekly Chic TV Hot Pink C513-02
Riley Blake Geekly Chic TV Green C513-03
Riley Blake Geekly Chic TV Green C513-03
Riley Blake Geekly Chic TV Aqua C513-01
Riley Blake Geekly Chic TV Aqua C513-01
今はこんな足付きテレビは売ってませんが、あれば結構人気が出るんじゃないかなと思います。
インテリアとしてオシャレになりそうです。

Return Top