firm one

フラットデザインの波に乗れるか否か

昨今のデザインのトレンドは “フラットデザイン”
Webサイトはもちろん、スマホのOSもフラット。
デザインの潮流は、フラット!フラット!フラット!なのです。
フラットデザインがトレンドなんて今ごろ言っている私は既に乗り遅れているわけですが、
今日はそのフラットデザインと生地というところをちょっと書いてみたいと思います。
さて、そのフラットデザインとはどんなものか、ということをまず最初に。
最近一番話題になったのが、iOSの次期UIデザインでした。
iOS
これまでのアイコンなどと比べたら一目瞭然。
簡単に言えば立体感のないシンプル&フラットな見た目。
他にも、最近のキュレーションサービスやデザイン系のサイトなんかは
だいたいにおいてフラットデザインになっています。
出典:NAVERまとめ
昨今のUIデザインのトレンド、「フラットデザイン」て何?
出典:だいたい40秒くらいでわかる「フラットデザイン」について

テクスチャ(表面の質感)や、マテリアル(物質の質感)、そしてディティール(細部)、奥行き(実寸感や重なり)にこだわったデザインの反対に当たるモノ、それがフラットデザインと呼ばれているモノの本質です。

さぁ、では私たちの大好きな生地のデザインではどうなのかと思って考えてみました。
まず、パソコンの画面上などでデザインしてる段階ではフラットにすることは可能にしても、
布にプリントした段階でテクスチャやマテリアルという要素が必ず入ってくるわけです。
人間の目にはその質感はばっちり写ります。
しかも人間の脳は、経験からその質感の手触りなんかまで脳内で補ってしまうわけですよね。
デザイン自体はフラットでも布にプリントしたらフラットではなくなる
というのが答えなのかなと私は思っています。(個人的な見解です)
話は変わって、
当店は全くもってフラットデザインとはかけ離れたデザインとなっています。
これはどうしたものか。
フラットデザインはド素人が下手にやろうとすると陳腐なものになってしまいますからね。
ただいま思案中です。。。
そいえば、先日見た記事になるほどと思うものが。
次期iOSのカラーは以前のアップルマークからきているのではないかというもの。
面白いですね。
出典:The Fox is Black
the fox is black

Return Top