firm one

4月より印紙税の非課税範囲が拡大

今年の4月1日以降といえばまずは消費税のことを思い浮かべますが、
4月1日以降、印紙税の非課税範囲も変わります。
私たちの生活で一番身近な印紙税と言えば領収書に貼る収入印紙でしょうか。
現在は3万円以上の領収書には収入印紙を貼りますが、
今年の4月1日以降は5万円以上へと変更になります。
以下、国税庁のページより引用。

「領収証」等に係る印紙税の非課税範囲が拡大されました
事業者の皆様が作成する領収証やレシートなどの
「金銭又は有価証券の受取書」に係る印紙税については、
平成26年4月1日以降に受取金額が5万円未満のものについて非課税となります
(現在は、記載された金額が3万円未満のものが非課税です。)。
 平成26年4月1日以降、領収証等を作成する際には、
受取金額を確認の上、納付する印紙税額に誤りのないようご注意ください。

領収証やレシートに係る印紙税について 国税庁
国税庁Webページ 領収証やレシートに係る印紙税について
ビジネスで印紙を扱う人も、領収書など受け取る事がある消費者側も
覚えとかないといけませんね。
紙税の非課税範囲が拡大
↑こういう案内が確定申告用紙と一緒に送られてくるので
 お仕事の方は忘れないとは思いますが。。。

Return Top